top of page

伊達市で柳と松の伐採|北海道の空師チーム

更新日:7月31日


ご覧頂きありがとうございます。


北海道の特殊伐採業者「TREESERVICE 空師.ngo」(ツリーサービス ソラシンゴ)です。主に10m以上の高木・大木の伐採をお引き受けしています。


当社ホームページはこちら


今回は北海道伊達市で松と柳を伐採したときの様子をご紹介します。


今回のご依頼


ご自宅そばに立つ12m前後の柳2本と、13mほどの黒松を伐採します。


柳は根元付近の樹皮がはがれ、かなり弱ってきている様子なので、今回根元まで伐採を行います。

また黒松のほうは最近揺れが大きくなって怖いとのことで、こちらも根元まで伐採することになりました。


作業の様子


2年前に枝打ちした柳ですが、ずいぶん細い枝が伸びています。

柳は樹木の中では比較的寿命の短い木です。老化が目につく場合は早めに伐採を検討したほうがいいかもしれません。


関連記事▼

「ヤナギの高所伐採|成長が早い柳は早めのカットがおすすめ」



雪が残る中の作業で、足元が滑りやすく地上班は一苦労。片側には用水路のくぼみがあるため、そこに落ちた重い幹を引き上げるのがこれまた大変でした・・・。


黒松は腐っていた


黒松はスラッと細めの育ち方をしていました。

細い木は伐りやすいのかというとそうでもなく、幹を伐るときの反動が大きいので危険なんです。木の上の空師はその反動で振り落とされたり、強く揺られて脳震盪を起こすなんてケースもありますから、できるだけ揺れない方法と順番で作業を進めていく必要があります。


さてこの木、下まで切ってみるとやはり中心が腐っていました。

風が強い日に揺れが大きい原因はこれでしたね。芯部の腐れは外側からパッと見ただけではわからないのが怖いところです。


関連記事▼

「木に空洞ができる原因と見分けるコツはなんですか」


順調に伐採を終え、最後は幹を玉切りして積み上げます。ご自宅の薪ストーブに使うとのことで薪サイズでのカットを行いました。


おわりに

たくさんの木がある敷地をお持ちで、気になる木が見つかるとこまめにご依頼くださる施主様です。この度も休憩部屋を用意してくださり、帰りには収穫した雪ノ下キャベツをいただきました。ありがとうございます!

また伐採のお手伝いが必要な際にはご連絡お待ちしております。

関連記事:

伊達市近郊・洞爺湖町周辺の高い木を切りたいときは伐採業者ソラシンゴにお任せください

 

弊社では、10m以上に育った大きな木をメインに伐採・枝打ちや芯止めを承っています。このブログではこれまで行った様々な伐採事例を紹介中ですので、よろしければご覧くださいね。


記事一覧はこちらから


お問い合わせ・お見積り依頼はお気軽にどうぞ。道内どこでもお見積りできます。


ご連絡はこちらからどうぞ

bottom of page