沢地で大木伐採|札幌市西区の現場から


北海道の特殊伐採業者、TREESERVICE空師.ngo(ツリーサービスソラシンゴ)です。

札幌市西区の住宅街の狭間にある沢地で大木伐採のご依頼をいただきました。重機が入れない現場で空師の技術のみで伐採を行います。


今回のご依頼

複数の施設を敷地内に持つ社会福祉法人様よりのご依頼です。緑豊かな敷地内の沢沿いには施設の建物、反対側には民家が立ち並んでいます。

大きく下がった窪地から伸びた大木が、ご近所さまの住宅屋根へかかっている状況を改善するための伐採です。4本の大きなナラ、ニレ、シナ、ヤチダモを伐採することになりました。

傾斜した森林の中での作業となります。5日間の予定です。


作業の様子 


1日目は環境整備から始まります。足元は笹ヤブなので、まずは草刈りを行い、作業しやすくします。

水場がありブヨなどの虫が多いため、森林用の蚊取り線香をたくさん焚きながら行いました。

傾斜地のため地上班の足元確保も安全上重要です

1本目、25mはあるナラの木の伐採に入ります。

民家と接触しないよう慎重に切り落とし、リギングロープで下ろしますが、かなりの樹高でリギングロープの長さがギリギリ!


屋根に近い枝は下ろし方に工夫が必要

続いてニレの木もご近所のお宅の屋根上に大きく枝を広げています。実はこのあたりは高級住宅街、いつもに輪をかけて緊張する現場です・・・。



残るシナの木とヤチダモはならんで立っているので、2本並行して作業を進めました。

今回の4本の中で最も樹高が高いのが30mのヤチダモです。弊社では20M前後の木に登ることが多く、いつもロープはたくさん余るのですが、30mとなるとここでもロープのやりくりに気を使います。


住宅との距離感

この木々も民家の庭木の上に張り出している状況でした。もちろんまっすぐは落とせないので、空師の技術を駆使してなんとか安全な位置に下ろせる伐り方をします。


地上班の活躍


地上スタッフが片付けに奔走します

今回は4本とも大木なだけあって落ちる枝葉も相当なものです。

そして広葉樹なので枝が前後左右に広がっています。樹上の空師の移動距離が増えるのはもちろん、伐った枝が落ちる位置が一定でないため、地上班の動く範囲も広くなります。


助っ人で来てくれたスタッフ(kさん、sさん)の活躍で、足元を整理しながら進めることができました。


5日目、終わりが見えてくる


最終日、やっとここまで枝を減らし小さくなったシナとヤチダモ。完了の目処が立ったので現場は和やかムードで進みます。


晴天続きで気温も上がる中でしたが、今回も安全に作業を終了することができました。

施主様、管理会社様にも現場の様子を見ていただきご満足いただけたようで幸いです。この度は大変お世話になりました。


おわりに

今回は住宅と接触の危険がある大木を伐採する様子をご紹介しました。このような重機が入れない現場でも、空師が登って伐る特殊伐採なら安全に行うことができます。

同じような状況でお困りの場合はぜひ弊社までご相談ください。

道内どこでも無料でお見積りいたします。


TREESERVICE空師.ngo(ツリーサービスソラシンゴ)へのお問い合わせはこちらから