マンションの狭間のミズキ|北海道の冬の高所伐採現場から

更新日:8月28日

北海道の特殊伐採チーム「TREESERVICE空師.ngo(ツリーサービス ソラシンゴ)」です。

今回は、札幌市内某所のマンションの狭間のお庭にそびえる20mクラスのミズキを伐採した現場をご紹介します。


今回のご依頼

複数の木の伐採をご依頼頂いている個人宅さまから、本日は大きなミズキ2本の伐採を承りました。



高さは20m近くあり、住宅の屋根上からはるか上に枝を伸ばしています。

今は枝のみですが、葉の茂る時期になればお隣のマンションの窓からはかなりうっそうとして見えることでしょう。今回は思い切って根本まで伐採をすることとなりました。


ミズキは清楚な広葉樹


ミズキの白い花

ミズキは水のほとりに植えられることが多く、よく水を吸い上げることから「水木」と名のついた樹木です。

類縁にきれいな花を咲かせる「ハナミズキ」がありますが、ミズキの花はそこまで華やかではないものの、清楚な美しさがあります。

北海道でもよく見かける広葉樹です。


ただ最大樹高が18から20mとされていますので、今回ご依頼の木は完全に伸び切った状態と言えるかもしれません。伐採の計画時期としてちょうどよかったのではと思います。


作業の様子



このミズキはマンションの5階に届く高さで大きく枝を広げていました。

反対側にもマンションがあり、大きな建物に挟まれるかたちであるお庭ですので、作業の音もかなり響いてしまいます。こちらのお庭の作業は数日間に渡ることもあり、ご近所に工事のお知らせチラシを配っての作業としました。




屋根やお隣のマンションのフェンスが近いため、枝下ろしは慎重に行います。ミズキは水分が多いのでどうしても重たい枝が多くなり、誘導がうまく行かないと建造物破損のリスクが大きくなる樹種でもありますので要注意。


本日のグラウンドワーカーは2名体制で落下スピードをコントロールしながら、安全なポイントへリギングロープで誘導します。



ミズキ伐採後

2日かけて無事に伐採終了しました。

2階建て家屋の屋根をはるか超え、マンション5階の窓あたりまで枝を伸ばしていた大木がなくなりました。雪の上に木くずが散らばって茶色く見える場所にミズキ2本の切り株があるのですが、見えるでしょうか。


お庭の様子ががらっとかわって、住宅へも光が差し込むようになりましたね。依頼者様も喜んでくださりなによりです。



空師チームのひとこと


ミズキの幹を玉切りし片付けます

作業中はマンションの窓から見学される方や、「見事な技術だね」とわざわざ声をかけてくださる方もいて嬉しい反面、多少の、いやかなりのプレッシャーが・・・


でも施主様が「寒いでしょう」とストーブや、かじかむ手を温めるためのお湯を用意した休憩所を作ってくださって、本当にありがたかったです。冷え込む冬の現場でほっと体と心が安らぐひとときでした。



おわりに

20m近くに伸びたミズキを伐採した様子をご紹介しました。

このような大きく茂る広葉樹の場合、伐採したあとは毎年恒例の落ち葉掃除の必要がなくなり、とても楽になったという感想をよくお聞きします。


大木の存在感がなくなるのはさみしいですが、管理される方の体力に合わせて、伐採や芯止めでコンパクトにすることも必要な選択かもしれません。


10m以上の大木の伐採・芯止め作業は弊社(ツリーサービス・ソラシンゴ)がお手伝いいたします。

どうぞお気軽にご相談ください。


お問い合わせはこちらから。